キャンプをやり始めて焚き火をしてみたい!けどどんな道具が必要でどんな風に火を起こせばいいんだろ?なんて悩みを抱えてる方いますよね。

この記事を読めば何が必要かとどうすれば上手に火が起こせるかが分かります

ぜひ最後まで読んで楽しい焚き火を初めてください!

スポンサーリンク

1、焚き火に必要なもの

焚き火台

まず焚き火をするためには焚き火台が必要です。直火と言ってたきびだいのいらないばしょもありますが、基本的には直火ができないので、それと焚き火台があったほうが他の木や草に火が移りにくいので焚き火台は買っておきましょうね。

焚き火台と言ってもすごくたくさんの種類があります。おすすめの焚き火台については他の記事で詳しくご説明しますね。

焚き火といえば薪です。薪は基本的にキャンプ場で買えます。ですが売っていなかったり売り切れになっていたりするので前もって確認しておきましょうね。

中には微妙な薪を取り扱っている場所もあるので、できれば薪が売っている場所で買いだめなどしておくと安心です。

筆者はとうとう家に薪ラックを作ってしまいました笑

着火剤

火をつけるための着火剤です。中には昔ながらの火打ち石などで着火する方もいますが、今回ご紹介するのは100円ショップでも買える固形燃料です。

これがあれば初心者の方でも簡単に火起こしが可能です。

炭バサミ

崩れた薪などをいじるためにすみバサミを準備しましょう。素手ではさわれませんし手袋でも、熱い場所は触れないので安全のためにも必要です。

キャンプ中はぼーっと焚き火をする時間があるのでなんだかんだいじりたくなってしまうんですよね。

手袋

薪はトゲトゲしていたり汚れていたりするので、安全のためにも手袋は買っておきましょう。薪割りの際にも手袋があれば安心して薪を割れます。

火吹き棒やうちわ

焚き火は強く燃え始めるまでは風の存在がすごく大事になります。うちわを使うと灰が飛び散って他のキャンパーの方に迷惑をかけてしまいます。

そんな時に便利なのが、火吹き棒という細い筒型の火吹き棒。これで風を送りたい場所に狙いを定めてそこだけに風をおくれます。これがあれば消えかけていた火も1発で復活してくれます。

斧か鉈かナイフ

薪は太いと燃えにくいので、最初は細いものから燃やします。そのためには太い薪を割らなければいけません、元々細くしてある薪はなかなか売っていないのでこれは必須です。

斧や鉈の使い方は想像つくと思います。ナイフで割れるの?って思いますよね、割れるんです。

斧や鉈のように木に立ててナイフを太い薪などでトントン叩けば割れます。荷物を減らしたい方なんかにおすすめですよ。

薪割り台

薪を割る際に必要な薪割り台。必ず必要ってわけでは無いですが筆者はか必ず使用します。

地面が柔らかいと割れないですし、あるとめちゃくちゃ便利です。

焚き火シート

焚き火をすると焚き火台の下や周りが灰で汚れてしまったり、生えている草が燃えてしまったりするので焚き火シートを敷く必要があります。

絶対にしか無ければいけないわけではありませんが、安全のためマナーのためにシートを敷くことをおすすめします。

火消しツボ

焚き火が終わった時に炭や薪が燃えていてはそのまま持ち帰ることも捨てることもできません。寝る時も安全ではありませんね。

そんな時に火消し壺があれば壺の中に炭や薪を入れて蓋を閉めるだけで火が消えます。

2、焚き火の注意点

焚き火シート

最近では焚き火シートなしでの焚き火が禁止の場所があったり、そうでなくてもマナーとして焚き火シートを使う方が多いです。

焚き火台の種類によっては必要のないものもあるので自分の焚火台には必要か考えてみてくださいね。

焚き火では灰や火の粉が飛びやすいので風が強い火は十分注意しましょう。風の強さによっては焚き火を中断っせざる負えない場合もあります。

火種が飛ぶと自分の服やテントに穴が開くだけではなく、火事もおこりかねません。

火種

風があまりなくても火の粉は飛びます。燃えやすい素材のテントのそばではやらないことをおすすめします。火の粉がとんでも燃えひろがりにくい素材のテントなどもあるので気になる方は探してみてくださいね。

服装も重要です。寒いとつい焚き火のすぐそばに居座ってしまって気づいたら穴が開いていたなんてこともあります。テントと同様燃えにくい素材の服も売っているので探してみてくださいね。

後始末

キャンパーさんの中にはお落ちている灰や炭や薪をその場に置いて帰ってしまう方がいます。この記事を読んでいる方はそんなことしてほしくありません。

いざテントを張ろうとしたらそこが灰などで汚れていたらすごく嫌ですよね。灰を全て持ち帰るのが難しくても燃え残った炭や薪はしっかり濡らして鎮火すればゴミ袋に入れて持ち帰れます。火消し壺があればいちばん便利ですね、ひをけしてそのまま持ち帰ることができます。

服装

焚き火では火の粉が飛びやすく、気づかないうちに自分の服に火の粉が飛んで穴が空いていたなんてことよくあります。せっかく買った高級ダウンに穴が空いたりしたらすごくショックですよね。

燃えにくい素材の生地の服をダウンの上から着れば穴が開くのを防げます。

肌のケア

焚き火では肌がすごく乾燥します。冬のキャンプってだけでも乾燥するので焚き火の前には絶対に保湿クリームを塗りましょうね。

手袋

薪割りや焚き火では木を触ったり怪我をしやすいので厚手の手袋をしましょう。s

3、薪割り

キャンプ場で焚き火をする時まず初めに薪を準備します。落ちている木の枝やキャンプ場で買ったものでもなんでも大丈夫です。木であればいいわけです。ですがキャンプ場で薪を買った場合そのまま焚き火を始めるには太すぎます。

まずは太い薪を斧やナタを使って【細・中・太】この3つに割っていきます。地面が柔らかい場合は薪割り台を使用しましょう。どのくらいの量割ればいいかというと、大まかに説明しますが細い物が10本、中くらいのものが5本、その他ふといまま。このように準備します。

4、火の起こし方

ここから火起こしの仕方を順を追ってご説明していきます。

1、着火剤を置く

上記でご説明した固形燃料などの着火剤を中央に1つおきます。この時着火剤の位置が低い場合は着火剤の下に平たい薪などを置いて高さを出しましょう。着火剤がどんなに燃えてくれても火が届かないと意味がありません。

2、細い薪を置く

着火剤の上に山を作るように薪を置いていきます。このように薪を置くことにより薪と薪の隙間を空気が通りやすくなり火が起きやすくなります。山を作るのが難しいという方はとにかく着火剤の上に隙間を空けて薪を置いていきましょう。

たまに見かけるのが薪の上に着火剤を置いたり着火剤の周りに置いている方がいます。火は上に向かって燃えますのでしっかり火の当たる場所に置きましょうね。

3、着火

細い薪の中に置いてある固形燃料に火をつけましょう。この時芯の長いチャッカマンがあると便利です。

チャッカマンがなくて小さいライターなどで火をつける場合は細い薪を置く前に火をつけてしまっても大丈夫です。この時後から細い薪を置く際は充分気をつけてください。

気温が低すぎたり標高が高いとライターなどが使えない場合があります、そんな時に役に立つのが昔ながらのマッチです。湿気ってさえいなければ着くので一箱常備しとくのもいいかもしれませんね。

4、中の薪をくべる

細い薪に火が移り燃え始めたら準備しておいた中くらいの薪を先ほどと同様山を作るように置いていきます。この時細い薪が崩れないようにしましょう薪が崩れて風の通り道が無くなったりすると火が消えてしまう恐れがあります。

5、太い薪をくべる

中くらいの薪に火が移り始めたら太い薪を1、2本置きます。ここまでくれば安心です。

6、焚き火の出来上がり

ここまでできたら後は放っておけば自然と大きな炎になります。もし火が大きくなりずらい場合はうちわで仰いだり火吹き棒などで直接空気を送りましょう。火吹き棒を使うときは灰がまうので他のキャンパーさんの事など気にしながらやりましょうね。

焚き火で温まるもよし、料理をするのもよし!でも料理をするときは調理器具がすすで真っ黒になるので気をつけてくださいね!

7、備長炭

【筆者が実際に行っていることなのですが、焚き火の中に【備長炭】という炭を少量入れておくと、気がついたら火が消えていた時や薪を節約したい時なんかにすごく便利です。

備長炭とは炭の中でも燃えにくいもので一度燃えてくれれば5時間以上持つものもあります。

いざ焚き火をしようとしたら薪が湿っていたり、お手洗いに行ってたら火が消えていたなんてことはよくあります。備長炭が少量あるだけでいくつもの悩みが解決できるので是非試して見てくださいね。

焚き火のやり方のまとめ

焚き火は細い薪から太い薪に火を移していく、薪を置く際は風の通り道を作る。これだけ頭に入れておけば大丈夫です。最後まで読んでいただいてありがとうございます。焚き火ライフを楽しんでくださいね!

他のキャンプ記事はこちら!

https://kazuucamp.com/category/camp

筆者はキャンプ場選びの時はよくこのサイトを利用させていただいてます。日本最大級のキャンプ場の検索や予約ができるサイトです。よかったら覗いてみてくださいね。

https://www.nap-camp.com/

それではまた次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事